そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

教え子がいっぱい(3156)

DSC_9964.jpg


全日本ジュニアの予選が行われていますが、

チームが大きくなったこと、

関係しているクラブが3つあること、

高校の部活動で指導を始めたこともあって、

大会にはたくさんの「教え子」たちが出ています。

昨日はダブルスでしたが、

私がサポートに行った会場では、

2つのブロックで決勝が行われ、

そのすべてに「教え子」たちがいて、

嬉しくもあり、応援できないジレンマもあり、

試合の内容の満足もあって、

充実した時間でした(暑くて死にそうでしたが・・・)。

ダブルスなので、私のクラブではない子と組んでいる子もいますが、

他のクラブの子にも、求められれば、

当然アドバイスはします。

まあ、形だけで私のところにアドバイスを求めてきたのかもしれませんが、

自分の感じたことはちゃんと話をするようにしています。

私は、こうやって、

自分のクラブの子だけではなく、

他のクラブの子にもアドバイスするし、

一緒に遠征に行くし、

キャンプなどには積極的に受け入れを行っています。

前に、

「どうして他のクラブの子にも教えるのですか?」

と言われたこともあります。

そんな時は、ある高校の監督さんの言葉を思い出します。

その監督さんは、他校の生徒を積極的に練習に受け入れ、

きちんと指導されていましたが、

「どうして他校の生徒を指導するのか?」

という問いに対して、

「その生徒が私の指導でうまくなってもまったく問題ありません。

その子がうまくなることで、全体のレベルが上がり、

みんなが強くなることが大切です。」

と明確に答えていました。

その言葉に感銘を受けました。

私は、

テニスを教えるのが仕事」

です。

だから、

私の指導が求められるのであれば、

誰であっても教えようと思います。

自分のクラブだから、他のクラブだからということは関係ありません。

求められれば、きちんとそれに応じること、

それが「仕事」だと考えています。

もちろん、

毎日のように教えている子どもたちに対しては、

深い愛情がありますので、

教える熱意には高いものがあると思いますが、

応じる指導に差はありません。

だから、こうやって、

「教え子たちがいっぱいいる」

というのは、コーチにとって何よりもうれしいことです。

これからもっともっと教え子たちが増えていくように、

熱意を持って教えていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう