そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

団結心(3164)


DSC_0366.jpg


何年か振りに「団体戦」を見る機会がありました。

最近は、多くの保護者の方や応援団も駆けつけ、

それはもう賑やかに開催されています。

その雰囲気は、デ杯などと何ら変わることがないとさえ思えます。

面白いことに、選手はその雰囲気によって大きく力を伸ばします。

そういう光景を見ると、「日本人は団体戦向きだなあ」と思ったりします。

サッカーの試合などでも、

「ホームアドバンテージ」(ホームでの試合のほうが有利)はあります。

地元のサポーターが多く、

応援を心強く感じることで力が高まるということですね。

でも、

その勝利に「感動する気持ち」は、

日本人はとても大きいような気もします。

昨年のデ杯アジア・オセアニア予選で、

添田選手が勝利の瞬間に、歓喜して涙する姿に感動しました。

きっと観戦していた人の多くが心震えたと思います。

そういう気持ちが湧き上がる「感性」のようなものが日本人には強いと思うのです。

少し前のブログに、

「ちょっとおとなしすぎる」とか、「ファイトできない」という気質が、

スポーツでの「戦いの場」ではマイナスになることもある、

と書きましたが、

「団体戦」では、それが高まるというか、

うまく転換されて力が出せることが多いのではないかと思います。

ということは、

そういう「団結心」のようなものが強いチームが「強い」ということですね。

今のデ杯の日本代表チームは、

エース錦織選手の存在価値が大きいのはもちろんですが、

植田監督のリーダーシップが、この「団結心」を高め、

大きな力が出せる原動力になっていると思います。

最近、部活動の指導を始めたこともあり、

この「団結心」を意識するようにはなりました。

私のチームも少しづつ「意識」の高まりを感じます。

私の時代と違って、雰囲気が大きく違いので戸惑うこともありますが、

うまく高められるように指導できればいいなと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう