そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

泣き虫コーチ(3172)

DSC_0730.jpg


私は、コーチになってよく「泣く」ようになりました。

子どもたちがいっぱい感動をくれるからですが、

ちょっと恥ずかしいかも・・・と思うことはあります。

でも、

「泣くこと」は、「心と身体を健康に導くチカラがある」ことがあるらしいです。

人間が流す涙は、角膜保護のために常に分泌される「基礎分泌の涙」、

目にゴミが入った時に防御のために出る「反射の涙」、

そして悲しみや感動で流す「情動の涙」の3種類に分けられます。

私が「泣く」と表現するのは、この「情動の涙」ですが、

「『情動の涙』とは、良きにしろ悪しきにしろ、感情が高まることで流れる涙のこと。

その時、コミュニケーションや共感を司り、

脳の司令塔とも呼ばれる"前頭前野"(前頭部に位置)に血流が増え、

激しく興奮することから涙が出る。」

のだそうです。

そして、

「ところが、大学生や社会人になると、

社会的にこれらの涙を人前で流すことは許されなくなります。

それに代わって流すようになるのが、"感動の涙"や"共感の涙"。

表彰台で感涙しているスポーツ選手を見て、流す涙がまさにそうです。

これらの涙の根本にはすべて、他者への共感があります。

子どもは経験が少ないので共感ができず、この涙は流せません。

つらいことや悲しいことを乗り越え、

共感を司る前頭前野が鍛えられた大人だからこそ流せる涙なのです」

と書かれています。

私は、子どもたちの「思い」に「感動」、「共感」して涙する、

「大人だからこそ流せる涙」をいっぱい流すということですね。

まあ、ちょっと恥ずかしいという思いもありますが、

「泣くことはリラックス作用があり、

眠ること以外の唯一のストレス解消方法は『情動の涙』を流すこと」

だそうなので、健康のため(?)にもたくさん泣こうと思います(笑)。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう