そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

テニスの楽しさに気づく(3175)

DSC_0971.jpg


日本人選手がシングルスでは姿を消して、少しさみしいウィンブルドンですが、

ダブルスが残っているので、気合いで応援しようと思います。

昨日は、クルム伊達選手の試合でしたが、見ましたか?

44才とは思えない動きとプレー、その判断力の高さは本当に素晴らしいと思いますね。

何よりも素晴らしいのは、飽くなき「探究心」です。

最近になってラケットを新しく変えたそうです。

以前は380gという、みんなにとっては信じられないような重さのラケットを使用していましたが、

肩や肘の負担を軽くするために10g軽いラケットに変えたそうです。

こんなに重いラケットを使うのも、

たった10g(本人とっては相当大きな違いですが)の重さを変えるのも、

グリップにこだわるのも、

すべてはテニスを「極める」ためです。

「どうすればもっと自分のテニスが良くなるのだろうか?」

といつも考えているんだと思いますね。

子どもたちにも、そんな気持ちでテニスを頑張ってほしいと思っています。

次戦は、ナンバーワンシードのヒンギス選手のペアですが、

どんな試合を見せてくれるのか楽しみです。

実は、伊達選手もヒンギス選手も、一度引退してからカンバックを果たした選手です。

テニスではこういう選手は結構います。

カンバックしてから全日本の決勝に進んだ選手も知っています。

一度テニスを辞めて、

戻ってきてからは本当に楽しそうにテニスをがんばる子を何人も知っています。

そんなスポーツはそんなにはないですね。

どうして一度引退したのにカンバックして、

そして、さらに上を目指してがんばることができるのでしょうか。

それは、きっと、

「テニスの楽しさ」に気づいたからだと思います。

ツアーを戦っている時は、テニスを楽しむ余裕はなく、

勝たなければならない「焦り」、勝てない「不安」、

ケガなどの身体的苦痛、押しつぶされそうになる精神的苦痛など、

辛いと感じることが多いと思います。

それに耐え切れなくなるとツアー生活を続けることはできませんね。

でも、辞めてしまって、そういうものから「解放」されてしまうと、

何となく「虚しさ」のようなものを感じるかもしれません。

苦しくてもテニスをがんばる「充実感」、「自己実現」の感覚が薄れてしまうからです。

だから、もう一度がんばろうと思うわけです。

そういう気持ちでカンバックしてくると、

以前は苦しいと感じていたものが、

自分を高めるために必要だと強く思えるようになってきます。

そういう感覚になると、

苦しいトレーニングや練習、色々なことがどんどん楽しくなってくるんですね。

そうやって、「テニスを楽しむ」ことができるようになってきます。

伊達選手の勝った試合の後のインタビューなんかは、

本当に楽しそうに話をしてくれますね。

私は、子どもたちは、早くこうした感覚、

本当の「テニスの楽しさ」に気づいてほしいと思います。

苦しいことを超えてこないとなかなかこういう気持ちにはなれないので、

難しいことだとは思いますが、

こういう伊達選手の試合なんかを見ると、

もっとテニスを頑張ろうと思うかもしれませんね。

そんな伊達選手の頑張りを応援しようと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう