そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

眼を鍛える(3193)

DSC_0765.jpg


最近、ブログの更新時間が遅れ気味ですが、

起きる時間はそんなに変わりません

(今日は気合いが入りすぎて早く目が覚めましたが・・・時差ボケ?)。

ちょっと目が馴染むまでに時間がかかるからです。

前は、起きてすぐに作業に掛かれましたが、目の衰えを感じます。

ということで、今日は「目(眼)の話」です。

スポーツでは「眼」の善し悪しが勝敗を左右すると言われます。

「眼がいい」選手だけが世界で活躍できる、ということです。

スポーツにおける情報の多くは「眼」、すなわち視覚を通して入力されるので、

その能力が高いほど良いパフォーマンスを発揮できるのは当然のことです。

でも、ちゃんとトレーニングできているのかといえば、そうではないのが現状です。

ひとつには「視覚の機能」を定義することが難しい、ということがあります。

一般に「眼が良い」という場合には、「視力が良い」ということと同義ですが、

スポーツにおいては、野球における「選球眼」や、

サッカーなどのフィールド競技において敵味方の場所を的確に判断してパスを出すなどの「判断力」、

テニスのレシーブにおける「反応や予測」といった、

高次の情報処理能力を含めて「眼が良い」と評価されるからです。

スポーツの競技場面では、

単に「静止視力」や「動体視力」が向上すれば良いというものではない、

ということですね。

でも、研究機関などが中心となって、検査項目やその評価方法の整備に努めるとともに、

効果的なトレーニング方法もいくつか提唱できるようになってきました。

視覚と手足の協調性を高めるための「コーディネーショントレーニング」も、

視覚的トレーニングのひとつとして、ジュニアの指導において積極的に取り入れられています。

また、何人かの一流競技選手が「ビジョントレーニング」を行うことによってパフォーマンスの向上を示し、

注目を集めるようになってきました。

現状は、まだまだ試行錯誤も多いトレーニングですが、

「眼」を鍛えてグレードアップを計ることは、自分の能力を向上させるためにとても大切なこと、

ということはちゃんと理解してほしいと思います。

私も「老眼(?)」をいたわりながら気合いで頑張ります!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう