そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

練習のイメージが試合に近い(3194)

DSC_8888.jpg


全日本をかけた戦いは明日最終日を迎えますが、

思ったような暑さもなく、快適に観戦できるのはありがたいことです。

今日までの試合で、私のチームから何人かの選手が全日本の出場を決めましたが、

試合の内容には大きな差があると感じました。

何を強く感じたのかというと、

練習でやってきたことを試合でやれる選手と、

そうでない選手がいるということです。

大きな大会なので、もちろん緊張も大きいです。

前に書いたように、

「試合においてもっともダメなことは、

ちゃんと自分のすべきこと、自分のプレーがイメージできないことです。

迷いが少なければ、間違いなく自分の力を発揮できます。」

ということですが、

うまくプレーできなくて、緊張がより大きくなると、

すべてを忘れてしまうことは多いですね。

そういう時に、どういうプレーをすれば良いのかということを繰り返し指導してきました。

もちろん、相手のいるスポーツですから、

その時の状況に応じた「対応力」が必要ですが、

「こういうプレーをしよう!」とある程度心に決めることは、

迷いを少なくして、能力を発揮できる確率を高めます。

そのための練習ですが、

それを試合でできる選手と、そうでない選手がいるということです。

できる選手は、苦しい戦いを何度も勝ち上がって、

初めての全日本出場を果たしました。

そうでない選手は、それなりの成果は残したものの、

歯がゆい思いばかりが残る試合となりました。

どうしてこうした差が出るのかというと、

緊張の大きさにもよるでしょうし、自分のポジションにもよるので、

一概には言えませんが、

「練習のイメージが試合に近い」ということはあるかと思います。

奈良くるみ選手が大きな飛躍を遂げた時、コーチは、

「練習と試合の差がないと感じることが多くなってきた」

とコメントしています。

「練習と試合の差がない」、

そういうイメージをちゃんと持って練習に取り組む事の大切を説いていると思います。

まだまだ未熟なジュニアにそれを高いレベルで求めることは難しいと思いますが、

これからも続く試合に向けて、忍耐強く教えていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう