そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

やる気(3210)

DSC_9925.jpg


強くなるためには、もちろん練習が大切で、

苦しい練習にも耐えてがんばるためには「やる気」が必要です。

この「やる気」を引き出す方法は色々と提唱はされていますが、

即効的に効くというものではありません。

でも、

「やらなくちゃいけない(やらされている)」という義務感のようなものから、

「やってやるんだ」という自己実現欲や、

「自分はやれるんだ」という自己効力感のようなものへの「変換」が必要だとは思います。

そうした「変換」が何によってもたらされるかはよく分かりません。

本を読んではっと気づくこともあるし、

試合に負けて辞めたくなるほどの落ち込みを経験することで「やる気」が引き出されることもあるし、

もちろん、コーチのアドバイスが功を奏することもああります。

心の底に、まだ「テニス(スポーツ)が好き」という気持ちが残っているのであれば、

何かしらのきっかけがあれば、また「やる気」をだしてがんばることができます。

コーチは、それを目標にコーチングしているということですが、

ちょっと難しいのは、「やる気」の判断です。

人は自己表現の仕方が大きく違うので、

この「やる気」の表し方も大きく違うということです。

昨日の高校の部活動の練習で、あまり「やる気」を感じなかった子が、

練習終了後に居残って練習を続けていたり、

クラブに帰ってからの練習では大きな「やる気」を感じたり、

私が判断する「やる気」よりも大きなものがあることに気づいてちょっと驚いたりします。

私の「感性」だけではうまく判断できない「やる気」があるということですね。

中には、「やる気」がなくても、

にこやかな笑顔で上手に自分をごまかしてしまう子もいれば、

まったく「やる気」のある素振りを見せなくても、

試合に入るとすごい闘志を見せる子もいます。

それを、自分の「感性」だけで判断し、

そうあるべきように「強制」することはあまり望ましくはないと思います。

そういうことには気を使って指導するようにはしていますが、

相手の心や考えがすべて見えるわけではないので、

ちゃんと「洞察」することが大切だと考えます。

何度も言っているように、コーチは「観るのが仕事」ですので、

ちゃんと観て判断できるように訓練を続けようと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう