そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

勝負強さ(3229)

DSC_3161.jpg


苦しい場面において、その対応には大きな違いがあると書きましたが、

それが「勝負強さ」を左右します。

当然、「勝負強い」選手が勝つチャンスは大きくなりますが、

「勝負強く」なることは結構難しいです。

どうすれば「勝負強く」なれるのか、についてはよく分かりません。

性格にもよるでしょうし、積んできた経験などにもよります。

良くは分かりませんが、

ここでは、「勝負弱い」選手がどういう行動をとることが多いのかを検証して、

できるだけそうしないように心がけることで「勝負強く」なることを目指そうと思います。

「勝負弱い」選手は、こんな特徴があります。

「勝負弱い」人あるある、ですね。

・ダブルスをやりたがる

・つまらなそうな笑顔を見せる

・調子が悪い振りをするうちに、本当に調子悪くなる

・いいショットを打ってエースをとってもつまらなそうにする

・同じミスばかりする

・声が出ない

・うまくいかないと、すぐにエースを狙いに行く

・ドロップショットがすごくむかつく

まだまだありそうですが、どれも「勝負強い」とは言えませんね。

色々な特徴が現れますが、

結局、「変化に弱い」、

「変化を付けられない」ということなんじゃないのかなと思っています。

戦いなので、相手は自分にとって嫌なことをしてきます。

それらを当たり前のことと受け入れて、

できるだけ「勝負弱さ」を見せないように、

「戦うことに全力を尽くそうとする」、

それが大事だと思います。

どんな時も、ただ「それ」をやり通すことができれば、

間違いなく「勝負強い」選手になっていきます。

戦い以外の場面では、弱気を見せても大丈夫です。

でも、戦いの場面ではいつも強気で戦える、そんな選手に成長してほしいですね。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ20・ウィンター」
    12月28日(木)~30日(土)
    開催予定です。
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年冬に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう