そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

感動を与える戦い(3247)

DSC_2118.jpg


全米オープンテニスは、いよいよ男女シングルスの決勝を迎えますが、

今大会は、思うようなプレーができなくてラケットを叩き割るシーンが多くてちょっと残念です。

少し前に、

「スポーツは戦いです。

なので、『自己中心的』な考え方を持ち、勝つためにそう行動するのは、

ある程度本質的なことで、必要なことです。

それは認めています。

でも、スポーツの素晴らしさは『勝つこと』にあるのではありません。

それは、戦う相手や見る者に『感動を与える』ことです。

『自己中心性』を抑えつつ、戦う相手を尊敬し、

すべきことに全力を尽くす、その姿に感動します。」

と書きましたが、そうではないことを残念に思うからです。

ある記者の方は、

「今大会ではランキング1位と前年覇者がラケットを壊しています。

気持ちは分からなくはないし、

もやもやした気持ちに区切りをつける効果もあるとは思いますが、

子供たちには真似してほしくありません。」

とツイートしています。

そして、

「選手が自分の内面と戦う姿を見るのは観戦の醍醐味だと思っています」

とも言っています。

まさにそういうことです。

もし、感情的に振る舞うことが当たり前であるというのであれば、スポーツは成り立ちません。

ボクシングで、もしルールがなければ単なる喧嘩になるのと同じです。

ラケットを叩き割ったら即退場のような厳しいルールでもいいかもしれません。

そうなると、感情の高まりを我慢するしかありませんが、

「自分の内面と戦う姿を見る」という「観戦の醍醐味」を多くの人が味わえると思います。

そんなふうにテニスのルールが変わっていくのかどうか分かりませんが、

子どもたちには「それ」が一番大切であることをちゃんと教えていこうと思います。

今、女子決勝ではペンネッタ選手が優勝を飾りました。

試合終了直後に、同じイタリア選手だということもあるでしょうが、

長い時間お互いの健闘を讃えて抱き合う姿に感動します。

試合の後で、お互いに笑顔で語り合うシーンを微笑ましく思います。

そんな試合をたくさん見たいと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう