そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

ガマン(3263)

DSC_2576.jpg


試合まで少し間のある時は、課題練習に取り組むことが多いです。

テニスは、年がら年中試合があるので、

なかなかじっくりと課題練習に取り組むことは難しいですが、

技術を向上させるためには必要な時間です。

でも、自分の課題を明確にし、改善点を確認し、

いざ取り組もうとしてもすぐには成果が現れないので、

それを続けるには忍耐力がいりますね。

ちゃんと頭の中でイメージはできていると思います。

しかし、実際に筋肉を使って動かしてみると、

それがイメージのとおりに動いてくれないことが問題です。

皮膚感覚や、筋感覚などの情報(身体感覚)をうまく処理できなくて、

脳の中でイメージした動きのように筋肉が的確に働いてくれないことが原因です。

よく、センスのある人、ない人という言い方をする場合がありますが、

センスのある人とは、実際の筋肉の動きとイメージがかなりよく一致しているので、

コーチのアドバイスにしたがって上手に身体をコントロールすることができる人をいうのです

(身体感覚が優れていると表現する場合もあります)。

逆に、このイメージと実際の動きに食い違いが大きい人は、

クセのある打ち方をしていて、それがパフォーマンスを妨げている場合もあります。

だから「ガマン」です。

もう信念を持って取り組むしかないわけです。

私の教えている子が、ちょっとクセのある打ち方をしていて、

それを矯正しようとアドバイスしましたが、

やっと何となくスイングが良くなって、いいボールが打てるようになってきました。

1年ぐらいかかりましたね。

この間はあまり良い成績を残せなかったり、うまく打てなくてストレスも大きかったと思いますが、

よく「ガマン」したと思います。

これで思うような成績が出てくれば嬉しいですね。

「ガマン」は大変です。

絶対的な答えを求めているものではないので、信念が揺らぐことも多いです。

それを何とか「ガマン」して続けてもらうこと、

それがコーチの仕事であり、信頼関係が深ければ「ガマン」は続けられます。

できる限りそういう関係を築いてテニスが強くなるサポートをしたいと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう