そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

既読スルー(3270)

DSC_2444.jpg


最近は、ネット環境でのコミュニケーションが主流です。

対面していないだけに気軽に会話ができるということもありますが、

それが大きな問題になることもあります。

でも、結局、人と人とのコミュニケーションは、

環境が変わっても大きくは変わらないと思います。

そんな時に、面白い記事を目にしました。

「既読スルー」に関する記事です。

「既読スルーされるのは、相手のせいではなく自分のせいなのです。

話が流されてしまうのも、あなたの話し方に問題があるのです。」

と指摘しています。

その問題点として、

1.情報が多すぎ

2.相手の理解度を考えてない

3.つかみを意識してない

4.ネガティブばかり

5.相手ではなく自分がいい気分になってる

ということを挙げています。

これは、対面でのコミュニケーションも変わりませんね。

私も反省すべきことがあります。

特に、「相手ではなく自分がいい気分になっている」、というのは気になりますね。

ちょっと前にも「自己中心性」の話をして、

「相手の気持ちを考える」には、

「自分を客観的に見る目を持つ」ことで「感情を抑える」必要があると書きました。

そういうことを考えていないと、

独りよがりの行動に気付かないということですね。

うまくコミュニケーションをとって、指導の内容がうまく伝わるように努力しようと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19」
    2017年8月開催予定
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年春に来年開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • プロバイダーの変更に伴い、
    以下の関連グループの
    ホームページのアドレスが
    変更になります。

    ●ロングウッドジュニアテニスアカデミー
    http://tslabo.web.fc2.com/longwood/
    ●トレーニング科学研究所
    http://tslabo.web.fc2.com/tslabo/
    ●トップジュニア委員会
    http://tslabo.web.fc2.com/top-junior/
    ●テニスコーチング研究会
    http://tslabo.web.fc2.com/tennis-coaching/
    ●若鳩インドア
    http://tslabo.web.fc2.com/wakabato/
    SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう