そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

打ち込む(3283)

DSC_3781.jpg


試合に勝つために「打ち込み」の練習は大切です。

でも、子どもたちの練習を見ていると、

この「打ち込み」の練習ができていない子が多いです。

「打ち込む」と言うぐらいですから、「何か」を「込める」わけですが、

その「何か」とは、「気持ち」です。

「このポイントを絶対に取るんだ!」という「気迫」です。

それがないと、そのショットは有効には働きません。

時には素晴らしいエースになる場合もあるでしょう。

でも、「気」が「込められていない」ショットには、あまりプレッシャーを感じません。

試合には「流れ」があって、その「流れ」に従ってポイントが行き来します。

もちろん、自分の方に「流れ」がある方がポイントを取る確率は高く、

ラッキーショットが生まれることも多く、結果勝つことが多くなりますが、

そのためには相手のプレッシャーを大きくすることが必要で、

そのために大切なことが「打ち込む」ということです。

昔、先輩に頼まれて「打ち込み」の練習を手伝ったことがあります。

その人は、2時間ぐらいひたすらに打ち込んで、

その後で平気な顔でランニングに行きました。

その「打ち込む」姿勢に圧倒されて時間を忘れるほどですが、

球出しだけでめちゃ疲れましたね(プレッシャーを受けていたということです)。

「打ち込み」というと、いつもその時のことを思い出します。

その先輩は、大学からテニスを始めて、ジャパンオープン出場まで果たしました。

まさに「気持ち」の入った練習続けることができた、ということです。

子どもたちにもそんな「意識」を持って練習してほしいと思います。

相手がどんなショットにプレッシャーを感じるのかをいつも考えて、

ちゃんと「気持ちを込める」ということですね。

そういう練習が成果を生むということを信じて頑張ってほしいと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
[Font & Icon]
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19・サマー」
    8月12日(土)~15日(火)
    開催決定!
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年秋に開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう