そのときどきに私が感じたことや思いなどを書き綴っています。

リズムよく動く(3587)

DSC_9656.jpg


動きには「リズム」があります。

だから、「リズムよく動け!」と何度も言われますね。

ただこれを勘違いして、ただ細かく動けばいい、

というふうに考えてしまいますが、

そうではないです。

テニスのように相手のいるスポーツでは、

相手の打つボールに対して、

素早く的確に対応できるように動く必要があります。

その時、体が素早く動けるようにちゃんと準備と言うか、

筋肉が反応しやすいようにしておくということです。

筋肉は動き出す前に少し反対の方向に動かしてやると素早く動きます。

垂直跳びで、跳び上がる前に沈み込むのと同じです。

ボレーの直前のスプリットステップのように、

ちょっとジャンプして沈み込んでみると、

素早く動けるということです。

そのために上下に小刻みに動く必要があるので、

それができていないと「リズムよく動け!」と怒られるわけです。

でも、これがなかなかできないんですね。

なんせ、相手のボールに対応しなければならない動きなので、

どう動いたらいいのかわからないからです。

そういうことがちゃんとできない人は、

まずは打った後に構えることを強く意識してみるといいと思います。

動きの悪い人は、ラケットをダラっと下げたり、

打った時の姿勢のまま止まってボールを見ていたりします。

これでは素早く動けませんね。

そして、いつもセンターに動くことを意識することです。

「次に動く」ことを意識すると、

筋肉の反応が良くなるので、

素早く対応できるようになります。

そんなことを辛抱強く訓練すると、

動きのムダが少なくなって、対応力が上がります。

そうやって動きの中での体力も向上してきます。

頑張りましょう!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

振り回し(3586)

DSC_9939_2017031607331417b.jpg


振り回しなどのハードワークの良い所は、

「根性が付く!」というところです(笑)。

まあ、歯を食いしばってがんばるので、

もちろん「根性」は付きます。

でも、もし、それだけだったら、

世界中のすべての選手がやることはないわけで

(中には一度もそんな練習をやったことがないという選手もいるかもしれませんが・・・多分、いない!)、

そこには何か隠された(?)効果があるわけです。

一番の効果は、「耐性」が付くということです。

いくらトレーニングをしても、

テニスという動きの中で、

しんどくならないようになるわけではありません。

単に持久力のトレーニングをすればいいっていうもんじゃない、

ってことです。

テニスは、テニスの動き中で心肺持久力や筋持久力を高める方が、

実践的な持久能力が高められます。

また、耐乳酸性の能力など、

本当に実践的に役立つ「耐性」が磨かれるということです。

だから、テニスの振り回しではすごく頑張れるのに、

マラソンはいまいちという子もいますね。

まあ、ある程度相関はあるので、

まあまあマラソンの強い子は多いですが・・・。

そういう意味で、振り回しなどのハードワークは、

テニスという競技特性に最も大切な

筋持久力や疲労のリカバリー能力が高めるために大変有効です。

誰も好んでやりたいとは思わないでしょうが、

昔のように、単なる「シゴキ」、と考えるよりも、

「これはテニスに必要な能力を高めるためのトレーニング」、

そう考えるとやる気も高まりますね(きっと)。

私が(心を鬼にして・・・笑)ハードワークをやるのは、

こんな意味があるんですよ。

わかってくださいね(笑)。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

「欲」と「恐怖」(3585)

DSC_2406.jpg


試合には「流れ」があります。

この前の試合でも、0-4、6-4、6-7、7-9なんて試合もありました。

試合の中で急に技術が向上するということはあまりないと思いますので

(まったくないということはないと思いますが・・・)、

「流れ」を変える「何か」があるわけです。

それは、やはりメンタル的な要因であることが多いと思います。

まあ、メンタルと言っても色々ありますが、

もっとも強く本能と結びつくものは「欲」と「恐怖」です。

この感情が状況によって大きくなって、

身体の動作を縛り、それまでのプレーができなくなって、

「流れ」が変わることが多いということです。

じゃあ、そんなものなくせばいいじゃん、

と思われるかもしれませんが、

そう簡単にはいかないですね。

だって、「北斗の拳」のラオウやケンシロウだって「恐怖」しますよ(笑)。

本能に強く結びついているということは、

それは人間にとってとても重要だからなんです。

「欲」があるから、

人は色々なものを手に入れようとして発明し、文化が発達します。

「恐怖」があるから、

人は身を守る術を学びます。

だから、それをなくすことはできないんですね。

でも、ある程度はコントロールすることはできます。

ルーティーンを守る、声を出す、足を叩いて気合いを入れる、

なんてことをやってますね。

でも、もっとも効果があるのは「間をとる」ことかな、

と思います。

それは、時間を掛けて、

ゆっくり「呼吸」をすることで心の状態を取り戻そうということです。

「呼吸」は、身体動作とメンタルを相互に上手くコントロールすために大変効果がある方法です。

詳しく書くのは面倒くさいので、知りたい人は連絡してください(笑)。

とにかく、「呼吸」を意識することで、

うまくメンタルをコントロールできるようになるということです。

お試しあれ!


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

言葉の力(3584)

DSC_1145.jpg


この時期は「花粉症」で悩む人も多いかと思いますが、

私もそのうちのひとりです。

でも、この「花粉症」という言葉ができたことで、

その患者が増えたというような話を聞いたことがあります。

まあ、実際、私の小さい頃には「花粉症」なんて言葉はなかったし、

そういう症状もほとんど見ることはなかったと思います。

でも、そういう症状を訴える人が増え、病名がつくと、

「あれ、俺、花粉症じゃないんかな?」

と思うようになって、「花粉症」であることが、

何となく流行の先端(?)のような気になって、

「俺は花粉症だ!」と言っているうちに、

本気の本気で思い込んで、

実際に「花粉症」になっていく、ということはあるかと思います。

こうした一連の作用は、

「花粉症」という「言葉」ができたことによって引き起こされた、

という側面があるわけです。

このように「言葉」には大きな力があるということです。

たったひとつの「言葉」で人生が変わった、

なんて人も多いと思います。

心に響く「言葉」に出会ったおかげで、

挫けずに進むことができる人もいると思います。

コーチのアドバイスで見違えるほどうまくなった、

なんて人がいるかもしれませんね(笑)。

人間だけが「言葉」によるコミュニケーションができるので、

特殊な能力を備えていると考えるほうがいいです。

だから、昨日も書いたように、

コーチの「言葉」は大きな意味を持つということですね。

まあ、力があるだけに、

時にはそれが暴力になったり、

誤解を生んで関係が崩れたりすることもあるわけで、

できるだけそうならないように慎重に「言葉」を選ぶ必要がありますね。

私はこうした失敗を何度も繰り返しているので、

反省しながら、うまく「言葉」を選んでいきたいと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村

コーチの言葉を信じない(3583)

DSC_0726.jpg


コーチは、たくさんのアドバイスをします。

もちろん、それはうまくなってほしいからで、

「きっと、こうやればうまくいくだろう」

と考えてアドバイスするわけですが、

私はコーチのアドバイスをあまり信じてはいません(笑)。

どうしてかというと、

テニスのことを深く知ることで、そう考えるようになったということです。

私の修士論文のテーマは、

コーチのアドバイスが身体動作に及ぼす影響」

です。

コーチのアドバイスによって、

ボールスピードやコントロール、動きがどう変わるのかを、

コントロールテストやコンピューターによる動作解析で明らかにしようとしたわけですが、

予想していた結果と大きく違う結果が出て、ちょっとびっくりな感じと、

コーチの言葉でこんなに大きな差が出るのか」

と、不思議な思いがしましたね。

その実験では、

同じアドバイスでも技術レベルによって大きな違いがあり、

また、動作に与える影響の大きさなども明確に示されて、

それまで感覚や経験だけによっていたアドバイスについて、

真剣に考えるきっかけになりました。

それと同時に、

コーチのアドバイスを信用できなくなりました。

人によって大きく効果が異なるからです。

常識が正しいと言えないことが明確に示されたからです。

だから、あまり細かなアドバイスをしないようになったし、

できるだけあいまいな表現を避けて、

事実を述べるように心がけるようになり、

そして、アドバイスを過信することはなくなりました。

大切なことは、よく考えてアドバイスをすること、

それによって何が変わったのかをよく観察することです。

そして、子どもたちが納得しているかどうかを確認することです。

時間の制約もあって、なかなかじっくりとは行かないことも多いですが、

より効率的に上達が促されるように、

よく考えてアドバイスしていこうと思います。


Clip to Evernote
人気blogランキング参加中!
にほんブログ村 テニスブログへにほんブログ村
プロフィール
「スポーツは、”愛”だと思う…」

大島コーチ

Author:大島コーチ

テニス、トレーニング、スポーツ科学など、詳しくはウェブサイトをご覧ください。
WORKS
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QR
キャンプ&イベント案内
  • テニストレーニングキャンプ案内

  • ■「テニストレーニングキャンプ19」
    2017年8月開催予定
    このキャンプは「向上心」や「意欲」を育てることを目的として、「意識が変われば世界が見える」をスローガンに、「Hard on yourself・・・どこまで自分に厳しくなれるのか」をキャンプテーマに、大きな夢を持って、テニスに取り組むことができるようにプログラムされています。

  • テニスコーチングセミナー案内

  • <テニスコーチングセミナー20>
    ■本年春に来年開催予定です
    ■遠方からの参加者のために無料宿泊所を用意しましたので、気軽に参加してください。
    自分のコーチング技術を磨き、自信を持って指導することができるように「テニスコーチングセミナー」を企画しました。テニス技術はもちろんのこと、コーチング論やコミュニケーション論、トレーニングに関することまで、テニスを教えるにあたって必要だと思われる内容をできるだけ広い範囲で網羅しています。

  • <ロングウッドジュニアテニス>
    無料体験レッスン受付中!(随時)

  • <レーニング科学研究所>
    トレーニング受講者募集中!


  • プロバイダーの変更に伴い、
    以下の関連グループの
    ホームページのアドレスが
    変更になります。

    ●ロングウッドジュニアテニスアカデミー
    http://tslabo.web.fc2.com/longwood/
    ●トレーニング科学研究所
    http://tslabo.web.fc2.com/tslabo/
    ●トップジュニア委員会
    http://tslabo.web.fc2.com/top-junior/
    ●テニスコーチング研究会
    http://tslabo.web.fc2.com/tennis-coaching/
    ●若鳩インドア
    http://tslabo.web.fc2.com/wakabato/
    SNS
    Nobuhiro Oshima


    tslabo_gtnをフォローしましょう